玉虫塗り

玉虫塗りの歴史

Tamamushi Lacquer Ware 昭和初期の時代、商工省(現通商産業省)工芸指導所と東北帝国大学金属材料研究所とが協力し、 伝統工芸に科学のメスを加え、量産を図って輸出振興に寄与する、という目的で新東北特産物の研究を行いました。 玉虫塗りは、所員であった小岩峻(作家名は古明)さんによって昭和7年に開発された漆器の塗装法です。

小岩さん曰く、
「漆の色彩感に意を注ぎ、豊麗にして優雅かつ深みのある塗装法を得たり、 すなわち銀消粉に仕上げたる器物面に塗料を練り合せたる透明漆を塗りこみ、 銀光を透して染料に濃厚なる色彩を覗現せしめたるものにして、 恰も玉虫の羽色に彷彿たるものありたるをもって、仮に玉虫塗と命名したり。」

昭和10年に漆器新塗装法として特許を取得し、 昭和14年には、三越デパートで第一回玉虫塗新作発表会が開催されたという記録が残っています。

東北工芸製作所

Tohoku Kogei Co. Ltd. 東北工芸製作所は、商工省工芸指導所と東北帝国大学金属材料研究所とが協力して昭和8年に仙台市に創設した会社です。
昭和14年に玉虫塗りの特許の使用権を取得して以来、仙台を代表する工芸品として玉虫塗りの生産を行っています。

和もの・和雑貨セレクトショップでは、東北工芸製作所の安心品質の商品を取り扱っております。

玉虫塗り制作の様子

玉虫塗り制作の様子1 下地作り 1. 下地作り
生漆や錆(錆漆)を塗る、砥石で研ぐ、など20以上の工程により、下地を作ります。

玉虫塗り制作の様子2 銀粉まき 2. 銀粉まき
表面に銀粉をまきます。

玉虫塗り制作の様子3 上塗り 3. 上塗り
赤や緑の玉虫漆で上塗します。

玉虫塗り制作の様子4 繰り返し 4. 繰り返し
銀粉まきと玉虫漆の上塗りを繰り返すことで、玉虫塗りの風合いが出ます。

玉虫塗り制作の様子5 模様付け 5. 模様付け
沈金(ちんきん)や蒔絵(まきえ)をほどこします。

玉虫塗りの商品一覧

玉虫塗り

玉虫塗り

玉虫塗りとは?

下地に銀粉をまき、上塗りをする、これを10数回、特殊な物では40〜50回と繰り返すことにより、玉虫色の独特の風合いが出ます。
比較的お安い商品でも、その贅沢な色合いをお楽しみいただけます。この機会に一度お試しください。

玉虫塗りについての詳細